特許の申請|コンタクトは在庫管理のシステムの活用が便利|在庫の心配なくそう

コンタクトは在庫管理のシステムの活用が便利|在庫の心配なくそう

特許の申請

女性

特許申請の際に気を付ける点

特許申請を行う際には、気を付ける点がいくつかあります。日本では、最初に特許申請をした人に特許権が与えられます。ですので、はじめに出願する事案と同じ内容の特許が既に無いかを確認することが必要です。確認するには、特許庁のホームページや専用のサイトで特許情報を検索することができます。これまでの特許情報を調べられるので、便利に活用できます。また、先に類似した事案が出願されていた場合、その違いを明確にすれば認められる可能性があります。特許申請を行うには費用が発生します。出願時には1万5千円が掛かったり、審査請求料など、登録までには様々な費用が掛かります。そして、登録後も年数が経つにつれ、毎年掛かる費用が変わってきますので、事前に知っておく事も大切です。

特許を出願するまでの流れ

特許申請を行うには自分で出願、特許事務所に依頼して出願を行うかを選択できます。自分で行う場合、願書、特許請求の範囲、明細書、図面、要約書を作成します。これらの手続きは、書面での出願とパソコンで作成する電子出願を選べますが、書面で出願した場合に限り、別途で電子化費用が発生します。電子出願は、パソコンから特許庁へと直接送信することができます。電子出願を利用するには、電子証明書の購入や専用のソフトを用意する必要があります。また、特許事務所に依頼した場合は、多大な費用が掛かってしまいますが、出願の手続きを任せられることができるので、申請までの時間を短縮することができるでしょう。特許を出願するまでの流れを把握して、正しく申請を行うことが大切です。